進化した脱毛ー最新のトレンドをチェック!

ステイホーム需要で(矛盾するようですが)客足が増えている業界、それはリモート/インターネットビジネス関連だけではありません。「美容・整形」分野もいま、ダウンタイムがない、まとまって自由な時間がとれるということで、プチバブルが起きていると言われています。プチ美容整形分野もさることながら、負けじと業績を伸ばしているのが「脱毛」業界です!最近は本当に、価格も手に届きやすくなりましたよね。技術も色々と進化しています。

本記事では美容脱毛業界の最新トレンドをご紹介します!

家庭用脱毛器

家庭用脱毛器の進化は目覚ましいものがあります。以前は眉唾物とされていましたが、今は低価格で実際に効果がある脱毛器がたくさんあります。時勢的にも安心ですしね。以下に、特に評判の良い3機をご紹介します。

  1. ケノン 69,800円(税込)
  • 人気ナンバー1の実力!
  • 照射面積が広く、効率よく脱毛できる
  • 1ショットのコスパが長い目でみると良い
  • VIOや顔まで含めた全身脱毛可能
  • 痛みが少ない
  • フォトフェイシャル機能つき
  1. 脱毛ラボ ホームエディション  71,478円(税込)
  • 脱毛サロンと同じ脱毛が可能
  • 冷却機能付き
  • コンパクトでかさばらない
  • 便利な連続照射で効率よく脱毛できる
  • 顔・VIOを含む全身脱毛可

  1. ドクターエルミスゼロ 54,780円(税込)
  • 便利な連続照射で効率よく脱毛できる
  • 嬉しいフォトフェイシャル機能つき
  • 出力レベルが自動調整できる

月額制のエステ脱毛

元々は定額制で回数も決まっているスタイルが多かった脱毛サービスですが、現在の主流は断然、月額制。価格も数千円、キャンペーン期間中であれば脇などの狭い部位はなんと数百円になったりもします。もはや、脱毛は女子の常識ですね。医療脱毛が効果は高いと言われますが、いまはエステ脱毛でもかなりの効果があげられます。通う手間はありますが、月額制なら逆に「今月分を消化しないと」と思えて、モチベーションアップできますね。

男性向け脱毛(メンズ脱毛)

突然ですが、最近、髭剃りあとがない男性が多くないですか?一昔前はクレヨンしんちゃんの野原ひろしのような青々とした顎をした男性も実際いたのですが、最近ほとんど見かけません。実は今って、男性でも脱毛をしている人が多いんです。中でも人気No.1部位は、ヒゲ。男性も進化しているのです。

これを機会に、皆さんも脱毛をはじめてみませんか?

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*